So-net無料ブログ作成

牛乳で骨強い? [間違い健康]

こんにちは、皆様の関心事、健康って?をテーマに皆様の頭にインプットされてる健康に対する常識を打破するべく間違い健康を連載致します。第1回目は牛乳に関してのお話です。健康の為に牛乳を飲む人って居ますか?牛乳を飲み過ぎると骨粗ショウ症になるらしいです。牛乳を飲むと血液中のカルシウムが急激に上昇するそうです。体は体内のバランスを保つ為に余剰のカルシウムを体外に出そうとするそうです。その際カルシウムと一緒に他の栄養素も排出してしまいます。これが「骨粗ショウ症」の原因だそうです。赤ちゃんは歯がありません、モノを噛めませんから乳を飲みますね、歯が生えて噛めるようになれば乳は飲まなくなります、その時期から乳糖分解酵素が消えていくそうです、分解酵素がない人には牛乳は何の役にも立たないそうです。米国アルバート・アインシュタイン医科大学の新谷教授も牛乳は百害あって一利なしと「胃腸は語る」という本で語ってます。牛乳は新しい難病の元凶と言ってます。花粉症・ぜんそく・アトピーなどアレルギー体質になり、糖尿病・白内障等多くの病気を引き起こしているらしいです。考えてみてもそうですよね、人間だけです、種族の違う乳を飲むのは・・・。マーケットの棚に「人乳」又は、「母乳」なんて商品があったら、あなたは買って飲みますか?でも牛なら飲んでますよね?本来なら人には、必要のないモノと言えます。牛の乳は牛の赤ちゃんのモノです。決して飲むなと言うわけではありません、健康の為に飲み続けるのは、間違いですよってお話です。私も料理に使ったりコーヒーに入れたりします。でも牛乳だけガブ飲みしません。「骨粗ショウ症」が多かったのは遊牧民の人たちだそうです、日本人は農耕民族です、4~50年前の日本に「骨粗ショウ症」の人がどの位いたか?また病名を知っていたか?という事です。  さあ~次回は何を取り上げようかな?ヨーグルト?マーガリン?何がいいですか?  ボス


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。