So-net無料ブログ作成

環境被害1300万人死亡 [ボス語録]

6月14日 静岡新聞から抜粋 環境被害1300万人死亡 世界保健機関(WHO)は13日、大気や水質の汚染など環境要因が世界各国の人々の健康にどのような影響を与えているかを分析した初の国別データベースを公表した。世界中で年間1300万人が環境要因によって死亡していると推計、各国政府が環境被害の低減に向けて有効な対策を講じるよう求めた。WHOの推計によると、日本では2002年に微粒子などの大気汚染を原因として23800人が死亡した。大気汚染のほか水質汚濁、危険な労働条件、騒音など、環境要因を幅広く定義すると、04年には175000人が死亡したと推計している。(ジュネーブ13日共同) とあります。凄い数字です、確実に環境から人間に対する影響が広がっています。CO2削減は当然ですが、毎日使う水をもっと大切にしましょう。決して、水道局にお金を払っているんだから、どう使おうが俺の勝手だ!なんて言わないで下さい。この地球上の水で人間が使える(飲める)水は全体の0.5%しかないそうです。今、オーストラリアなど酷い干ばつで小麦などの農作物に被害が出てます、日本の小麦などかなりの打撃です。私が趣味で打つうどんもオーストラリア産です。気軽にうどんをあげられないほど小麦の価格が上がってます。じわじわと生活の中に影響してます。これも静岡新聞の大自在に書いてありましたが、「米国の海洋生物学者レイチェル・カーソンが殺虫剤などの化学物質の危険性を告発した「沈黙の春」を著して45年が経つ。「かつて目をたのしませた道ばたの草木は、茶色に枯れはて、(略)ここを訪れる生き物の姿もなく、沈黙が支配するだけ」。残念だが、彼女の警告は今なお生き続けている。」と書いてありました。45年前から警鐘をならしていた人もいました。経済も自分の家族も幸せも、この地球あってこそに早く氣付くことが肝要です。さすが静岡新聞さんです。沈黙の春を知ってる記者がいたとは・・・。  ボス  
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。